So-net無料ブログ作成

米国への投資・進出について [海外進出]

皆様いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

今週の初めより少し風邪をこじらせています。

季節の変わり目です。

皆様も体調には、くれぐれもお気をつけ下さいませ。

さて、今回のブログは“米国への投資・進出”について書かせて頂きます。

先週の木曜日、金曜日を利用し、東京で行われた“米国ビジネス・セミナー”に参加しました。

今回のセミナーの舞台は、アラバマ州でした。

アラバマ州と言う州名は知っていましたが、恥ずかしながらアラバマ州がどこにあるかは知りませんでした。

アラバマ州は、人口が約456万人で、州都モントゴメリーを中心とし、面積は九州の約3倍です。

日本との時差は15時間です。

アラバマ州の別名は、コットン・ステートと呼ばれ、綿花の栽培が有名です。

このような話を聞くと、どこまでも広がる農業地帯を想像しますが、アラバマ州には、日本より自動車関連企業を中心とし、約60社が進出しています。

セミナーの席上、日本企業の担当者よりアラバマ州での工場立ち上げまでのお話を聞くことができました。

ビジネスの立ち上げと言うと、たいへんな労力を必要としますが、土地の確保より、工場の建設、人の採用、操業までを約3年と言う短期間で成し遂げています。

一つ、一つステップを踏み、各方面の力を結集すれば、そうそう難しくないと思います。

最近、米国のTax Foundationより税金面では、どの州がビジネスをしやすいかが発表されています。

http://www.taxfoundation.org/press/show/22660.html

米国進出をお考えの方は、参考にされて下さいませ。

付記:アラバマ州の観光・レジャー情報は、Alabama Bureau of Tourism & Travel
http://www.touralabama.org を参考にされて下さい。

それでは、よい日々をお過ごし下さいませ。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。