So-net無料ブログ作成

“起業”について~その2 [起業]

いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

8月27日のブログにて起業について書かせていただきました。

(起業についてより)

今回は、その続きを書かせていただきます。

弊所の事務所登録が2004年8月なので今より6年前になりますが、事務所登録した後も「これから大丈夫だろうか~?」と悶々とした日々が続いておりました。

不安なので機会があればいろいろなセミナーや講演会に出席し、他の人の起業体験や経営方法を学ぼうと取り組んでいたつもりですが、セミナーや講演会に出席した直後には、「よし今日から頑張ろう!」と考えはするのですが、時が過ぎて来ると、また不安がもたげてきて「これから大丈夫だろうか~?」の繰り返しでした。

そんなことを繰り返している時に、ある時、セミナーの講師より「順調にいっている経営者と順調にいっていない経営者の違い」についてのお話を伺いました。

「順調にいっている経営者は、走りながら物事を考えている。経営者に向いていない人は、物事に対して斜に構えている。」とその講師が話していました。

「斜に構えている。」と言う意味がその時にはよく理解出来ませんでしたが、人が立っている時に何かへの恐れや不安より腰砕けになり、上半身がのけぞっているような姿勢ではないかと考えています。

その当時の私の心構えが、まさにその通りでした。

私にとって不利な状況ばかりに目をやり、何か困ったことが起きると不利な状況のせいにしていました。

不利な状況を打開するように業務に没頭していれば、“斜に構える”こともなかったと思います。

また、「中小企業の経営者は池の中を泳いでいる水鳥のようなものだ。」という言葉が頭の隅にあります。

「いっけん優雅に池の中を泳いでいる水鳥のようですが、水の中を覗くと必死に足をかいて泳いでいるのが中小企業の経営者だと。」ある講師は言っていました。

今では不利な状況にも少しは余裕をもって受け入れられるようになりました。

冷たい雨や吹きすさぶ風が、少しは私を鍛えてくれたのだと考えています。

また、機会を持ちましてこの続きを書かせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Written by

Office T.Professional(オフィス ティー・プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ:http://www.tprofessional.jp
e-mail:info@tprofessional.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。