So-net無料ブログ作成

“米国・政府機能の停止の恐れ”について [社会]

いつもブログに訪問いただき有り難うございます。

個人の方の税金申告書類の作成も終盤に来ていますが、ここにきて以下の様なニュースがありました。

連邦政府機関が停止に追い込まれると、一部の税金の還付に遅れが出る可能性があるとのこと。

【4月8日 AFP】米国で2011会計年度(10年10月~11年9月)予算をめぐる与野党協議が難航するなか、自由の女神(Statue of Liberty)やグランドキャニオン(Grand Canyon)などの人気観光地が閉鎖される恐れが現実的となってきた。  米国では、連邦政府の11年度暫定予算が8日に期限切れを迎える。バラク・オバマ(Barack Obama)大統領は7日、共和党のジョン・ベイナー(John Boehner)下院議長と緊急会談を行ったが、妥結には至らなかった。8日中に与野党が合意できなかった場合、必要不可欠ではない連邦政府機関が停止に追い込まれ、連邦職員80万人に影響が及ぶ可能性がある。  米国立公園局(National Park Service)は、予算協議が8日までに決着しなければ、同局が管理する394か所の国立公園などを閉鎖すると発表した。イエローストーン国立公園(Yellowstone National Park)など国立公園のほか、自由の女神やアルカトラズ刑務所(Alcatraz Prison)などの観光名所も対象となる。  もし閉鎖が現実となった場合、同局で国立公園などの管理にあたる職員や協力者1万7000人のうち1万5000人が一時解雇される可能性が高いという。(AFP ニュースより)

米国・内国歳入庁(IRS)の連邦政府機関が停止した時に対応について~
IRS Operations During a Government Shutdown

(4月11日追記)

米国・東部時間の4月8日に予算案は合意に達したとのこと。

以下、オバマ大統領のスピーチです。



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Written by

Office T.Professional(オフィス ティー・プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ:http://www.tprofessional.jp
e-mail:info@tprofessional.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

コメント(0) 
共通テーマ:仕事

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。