So-net無料ブログ作成

“タイミング”について [健康]

いつもブログに訪問いただき有り難うございます。

昨日より連休に入り行楽地[車(セダン)][ダッシュ(走り出すさま)]にお出かけになる方も多いと思います。

気を付けてお出かけください。

我が家は、先週・今週と安静モードで過ごしております。

先週の木曜日より子供が咳をし始めて(おそらく、風邪の症状)、土曜日には39℃以上の熱[がく~(落胆した顔)]が出始め、その高熱の状態が3日続いておりました。

高熱.jpg

就寝の時になると特に咳き込み、朝まで激しい咳を繰り返すのですが、こちらとしては背中をさすってやるくらいしか出来ないので、とても歯がゆい気持ちと疲労の限界に達して、今週の火曜日、妻にそろそろ病院にかかることを勧めましたが妻が頑なに拒否。

仕方なくその日の仕事を14時で切り上げ、それからかかりつけの小児科[病院]に子供をアタフタと連れて行きました。

先生よりは今のところ肺にも異常はないとのアドバイスをいただき安心しましたが、4種類の薬の処方と4日後の再受診となりました。

しかし、妻のこの態度にはこちらの怒り[ちっ(怒った顔)]が収まらずに、帰宅後、一発触発の雰囲気に!

妻は容易く病院にかかることや薬を使うことに良い印象を持っていないらしく、子供の咳や熱は体に備わっている免疫力(自然治癒力)によりそのうちに引くような感じで受け止めております。

普段は仲の良い夫婦だと私は思っておりますが(妻はどう受け止めているのかは知りません?)、口論の原因は決まって子供を病院に連れて行くべきか、薬をどのタイミングで飲ませるべきかどうかです。

私としては出来る限り早く専門家の意見を仰ぎ、症状の軽い内に薬を飲ませて病気の原因を収まらせればよいと考えているのに対し、妻には私がすぐに医者や薬に頼り人間の体に備わっている免疫力を損なっているように映っているようです。

結局、妻の意見をねじ伏せ、子供に4種類の薬を使い昨日よりいくぶん体調も回復してきましたが、いつものサイクル通りに、子供より妻にしっかり風邪がうつり、ひたひたと私の下に近づいて来ております。

来週あたりにダウンかな!?

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

Written by

Office T.Professional


米国税理士小野 知史(Tomofumi Ono)


facebook:ただいまフェイスブックに参加中!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。