So-net無料ブログ作成

成功の道~あなたの夢を実現する11章 [書籍]

いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

先週より引いていました風邪も、ようやく治りかけています。

以前より年末から年始にかけて、風邪をよく引いています。

気の緩みでしょうか?

ここは気を引き締めなおし、年末・年始を過ごします。

今回のブログは、書籍“成功の道~あなたの夢を実現する11章”を紹介させていただきます。

年末の大掃除ではありませんが、私の仕事場の整理・整頓をしています。

数冊の積み上げられた本の中から、少し汚れ黄ばんだ本が出てきました。

その本“成功の道~あなたの夢を実現する11章 Dr.ロバート・アンソニー著 住友 進氏訳”は、私が今から15年位前に神奈川県内に住み、東京に通勤していた時に買いました。

私に取りまして、“座右の書”です。

最近は、あまり読み返すことはなくなりましたが、悩んだ時、行き詰まりを感じた時に、どのページとなく開き読み返します。

本の構成は、

第一章 心のささやきに耳をかたむけてみる

第二章 あなたらしい生き方を見つけるには

第三章 「変化」という言葉のもつ意味

第四章 幸せになるための選択

第五章 夢を描く力、心の映像術

第六章 勝者か敗者かはあなたの選択次第

第七章 否定的な言葉に根拠はない

第八章 お金の悩みから解放されるとき

第九章 夢を実現する哲学―ラモンの言葉

第十章 目標達成のための10のステップ

第十一章 今日という日があなたの全財産

本書の特徴は、ライフワークの見つけ方に重点を置いて書いています。

まえがきを一部紹介しますと、「本書に書いてあることを実行してもらえば、どんな望みもすべてかなうのである。

その方法とは、がむしゃらに努力することではなく、創造的思考を活用することだ。

ライフワーク、すなわち自分の一生を託することのできる仕事に専念することが、ずっと前からの念願だったというのなら、その願いをかなえる方法がある。」

子供の頃よりの夢、なりたい者がはっきりしているのに一歩が踏み出せずに足踏みをしている人にはお薦めの書です。

※本書は、あいにく現在では製本されていないようで、古本で1円より買うことが出来ます。(アマゾンの入り口は、こちらです。)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4820709062/sonet0f-22/ref=nosim 

それでは、よい日々をお過ごし下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:

素直な生き方について [書籍]

皆様、こんにちは。

いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

昨年12月にブログを開設以来、毎週土曜日にブログの更新を続けてきましたが、
先週はブログの更新が出来ずに申し訳ありませんでした。

いろいろな用事が重なりブログの更新が出来ませんでした。

その用事の一つが、来月3日に行う私の結婚式の準備です。

遠方より来てくれる友人や、多忙の中お時間をお作り下さりご出席いただける諸先輩や、体の調子が良くないのにご出席頂ける親戚のおじさんやおばさんの為に、出来る限りの心配りが出来ればと考えております。

このブログを開設時の目標の一つが、結婚式の日までは必ず毎週1回のブログの更新を続けることでした。

目前にして目標が達成できなかったのは、非常に残念でした。

これからも時間の許す限り、ブログの更新を続けて行きたいと考えています。

今回は、本を紹介させていただきます。

本のタイトルは、「素直 人生と仕事を高める生き方」池田 繁美先生の著です。

4月の初めに到知出版より出版された本です。

素直―人生と仕事を高める生き方

素直―人生と仕事を高める生き方

  • 作者: 池田 繁美
  • 出版社/メーカー: 致知出版社
  • 発売日: 2007/03
  • メディア: 単行本


本の内容は、次のようになっています。

第一章 素心の道筋
第二章 親のようにあたたかく
第三章 安心と喜びを与える
第四章 徳育を問う
第五章 何も思わない考えない 

池田先生と言われても、「誰??」と言う方が多いのではないでしょうか?

池田先生は、私が尊敬している先生で、人生の目標としている方です。

池田先生は、日本の税理士であり、北九州市内でビジネススクールを運営されています。

池田先生との出会いは、今から7年くらい前でしょうか?

当時、私が米国の税理士試験にようやく受かり、時間と気持ちに余裕のある時でした。

軽い気持ちで「起業家支援セミナー」に参加しました。

税理士が、簿記や財務諸表の読み方を、他の人にどのように説明するのかに興味がありました。

二日間のセミナーを終え、最後にB4判の紙を配られました。

その紙のタイトル「素心」~「人間の心には、年を重ねるにつれて、生きていくうえでの
アカがたくさん付着していきます。それらのアカをそぎ落とした、生まれたときのままの素直な心が「素心」です。」と書かれていました。

起業家支援セミナーで、心の持ち方についての紙を配られたので何か拍子抜けしたのを
覚えています。

人が生きていく上での究極の幸せは、心が安定して穏やかなことだと思います。

私が10代の時より、心の浮き沈みの激しさに悩まされていました。

他の人が私を見れば落ち着いているように見えるようですが、私の心は常に揺れ動いていました。

その心を安定させたいと、いつも考えていました。

池田先生も、長い税理士試験の受験勉強期間や会社経営の中で、社会的な地位や会社を大きくすることではなく、幸せはとても身近な所にあることに気づかれたのだと思います。

自己啓発の本にも色々ありますが、私たちの周りにいそうな方が分かり易く教えてくださる内容なのでお勧めです。

皆様もお時間のあるときに読まれてみてはいかがでしょうか?

来週のブログ(6月2日)は、お休みさせていただきます。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:blog

ヤンキースの松井 秀喜選手の“不動心”を読んで [書籍]

いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

先週より今週にかけて読んだ本を、紹介させていただきます。

不動心

この本を読まれた方も多いのではないでしょうか?

最近、どこの本屋さんに行っても、話題の本として紹介されていると思います。

以前より、究極の緊張感の中で戦っているスポーツ選手の生き方やコメントには、興味を持っていました。

新聞や雑誌に載っているスポーツ選手の発せられる言葉の一言、一言に重みを感じます。

私の資格試験の学習が思うように進まない時から、新聞や雑誌の切り抜きを集め始めました。

スポーツ選手の置かれている状況と私自身の状況とを重ね合わせて、どのようにして現状を打破したらよいかと考えています。

今ではA4ファイルに100ページ程で、いろいろな分野のスポーツ選手の言葉の切り抜きが、ラインマーカーを引いた状態でスクラップされています。

そのファイルを読み直すと、2003年1月1日の朝日新聞に載った松井 秀樹選手の記事も
ありました。

ちょうど、ヤンキースへの移籍が決まった時の頃です。

その後のヤンキースでのご活躍は、皆様もご存知のことだと思います。

記者の「メジャーで成功を収める確信は、当然ありますよね。」と言う質問に、松井選手は、
次のように答えられていました。

「立ち止まりながら、一歩、一歩やっていこう、と。とにかく、自分でできる準備はすべてやっていく。試合になったら、どういう結果がでるか、わからない。そこに至るまで、自分なりに万全の準備をする。・・・・・」

松井選手の生き方が現れたコメントだと思われます。

さて、今回のご紹介の本“不動心”では、昨年の大ケガをされたのちの気持ちも書かれています。

本の構成は、次のようになっています。

第一章~5・11(の大ケガ)を乗り越えて
第二章~コントロールできること、できないこと
第三章~努力できることが才能である
第四章~思考で素質をおぎなう
第五章~師から学んだ柔軟な精神
第六章~すべては野球のために

そのうち、いくつか素晴らしい言葉を紹介させていだだきます。

・僕は、生きる力とは、成功を続ける力ではなく、失敗や困難を乗り越える力だと考えます。
・・・
プロ野球選手として成功してきた人々は、才能だけではなく、失敗を乗り越える力があるのだと思います。

・失敗との付き合い方
失敗と上手に付き合っていくためには、やはり「どうにもならないこと」ではなく「今、自分にできること」に集中するしかありません。

・有効な目標の立て方
きっちり階段を上っていくためには、「夢」と呼べるような大きな目標だけでは足りません。
今年の目標、今月の目標、今日の目標と、まずは身近な目標を定めるようにしています。
目標は数字ではなく、具体的な行動にした方が目安になります。

・勝負強さを決めるもの
仮に「勝負強さ」というものがあるとすれば、それは運というより、考え方とか技術的なものでしょう。つまり、思考や練習によって磨けるものなのです。

・継続は力なり
「努力できることが才能である」
よい医師になれるかどうかの最大のポイントは、才能よりもむしろ、そうなりたいという欲がどれくらい強いかだと思うんのです。心からそうなりたいと思えば、その過程で自分にかけているものが何かを考え、それをおぎなうための努力をする。

・人生の指針となる言葉
松井 秀喜選手が、高校時代の野球部の監督より、教えていただいた言葉だそうです。
心が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(2) 
共通テーマ: