So-net無料ブログ作成

体重・体脂肪の落とし方 その2 [健康]

皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか?

今日は7月最後の土曜日となり、来週より8月に入ります。

日本は、まだまだ蒸し暑い日々が続きますので、皆様お体にお気をつけ下さい。

私の書いてきた記事の中で、一番アクセス数が多い記事が、“体重・体脂肪の落とし方”です。

皆様、自分の体重と体形を気にしていらっしゃるのが分かります。(私もそうですが・・・。)

今回は、その続きとして“体重・体脂肪の落とし方 その2”を書かせて頂きます。

私は、週に2~3度はフィットネス・クラブに行っています。

今週の体重が64.7kgで、体脂肪率が17.4%で、筋肉量が50.2kgでした。

結婚式を控えた5月の始めの計測値が、体重が65.0kgで、体脂肪率が15.8%で、筋肉量が51.9kgでした。

数字から見ても、体脂肪が増えて、筋肉量が落ちているのが分かります。

今回のブログは、私自身の経験と現在通っているフィットネス・クラブのコラムを参考にして、“体重・体脂肪の落とし方”について書かせて頂きます。

体重を減らすためには、“消費カロリー>摂取カロリー”の状態となることが必要だと言うこと。

次に、このような“消費カロリー>摂取カロリー”の状態にする為には、どのようにしたらよいかと言いますと、①体が消費するカロリーを増やすこと。②摂取するカロリーを減らすこと。

次に、どのような運動をしたら良いかと言いますと、“有酸素運動で体脂肪を減らしながら、ウエィト・トレーニング(無酸素運動)で筋肉量を維持すること”

有酸素運動が体脂肪減少に効果的な理由として、有酸素運動をすることにより脂肪が脂肪細胞から血液中へと放出される割合が無酸素運動より高いこと。

一方、ウエイト・トレーニングにより筋肉を付けることは、基礎代謝を増加させる効果があること。

基礎代謝が増加することにより、太りにくい体が出来上がるということ。

有酸素運動と無酸素運動を上手く組み合わせてトレーニングを続けることが効果的です。

皆様もお試し下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:blog

体重・体脂肪の落とし方 [健康]

いつもブログをお読みいただき有り難うございます。

今回は、体重・体脂肪の落とし方をテーマにブログを書かせていただきます。

3月も終わりに近づきました。

「4月より気持ちを新たに何かスポーツを始めよう!」と考えていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?

私も、4月よりスポーツ・ジムに通う回数を増やしたいと願っています。

少しお腹まわりがダブつき、脂肪が気になり始めました。

私は、スポーツをすることも、スポーツを観戦することも大好きです。

私の趣味の一つは、スポーツ・ジム通いです。

スポーツ・ジムでどのようなメニューをこなしているかといいますと、1時間半から2時間位の時間をかけて、有酸素運動~筋力トレーニング~有酸素運動~ストレッチをこなしています。

そもそも、私がスポーツ・ジム通いを始めたのは、今から18年前にアメリカに留学(遊学?)をした時からでした。

アメリカ・オレゴン州の片田舎の誰も知人のいない町で生活を始めたのですが、語学力が出来る云々よりも、ここで暫く生活していくための体力が必要だと感じました。(その当時は、とても貧弱な体格をしていました。)

また、寮の同部屋のアメリカ人の体格の素晴らしさに圧倒されたのも動機の一つです。

今ではかなりの運動フェチで、時間さえ取れればスポーツ・ジムに通っています。

スポーツ・ジム通いはかなり長い期間になりますが、15年間位はずっと自己流のトレーニングを繰り返していました。

「筋肉を付けるためには、より重いダンベルやベンチ・プレスを繰り返し持ち上げればよい」と勝手に考えていました。

3年前に、たまたま自宅近くの医療系のフィットネスに通い始めました。

そこのフィットネスに通い始めた動機も不純で、会員数が少なくゆったりと運動が出来そうなのと、フィットネスのインストラクターさんがとてもかわいかったからです。(そのインストラクターさんとは、6月に挙式をする予定です。)

そこで、トレーニング方法、運動前後のストレッチの重要さ、食事のとり方のアドバイスをいただきました。

私が、そこのフィットネスに通い始めた時の体重は67.4kg、体脂肪率が24%、ウエストが79cmありました。

もう少しで、ウエスト80cmの大台にのるかなと考えていました。

けれど、私の年齢を考えると普通かなと考えていました。

私の身長が、170.5cmなので、少し肥満気味だったでしょうか?

それからは、フィットネスに通うたびに、毎回、体重、体脂肪率、血圧を測り、チェックシートに変化を折れ線グラフにして書き込んでいきました。

「体重が減った、増えた」「体脂肪率が落ちた、増えた」と一喜一憂をしていたと思います。

それから、半年後には体重が61kg、体脂肪率が11%、ウエストが71cmのアスリートのような体が出来上がっていました。

まるで、入試を前年に控えた受験生のような自己管理をしていました。

毎回、計測をしましたので、食事にも気をつけましたし、ストレスも感じました。

以前、テレビを観ていた時に、社交ダンスで有名な女優のSさんが、「30歳を超えて体格を維持しようと考えると、努力が必要」とおっしゃっていました。

その通りだと思います。

仕事も体づくりも、似ていると感じています。

一つ一つをこつこつと積み上げていき、それから暫くして振り返ってみると、大きな変化や結果が出ている。

4月より、みっちりと体作りをしたいと考えています。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
Written by

Office T.Professional(オフィス ティー.プロフェッショナル)
米国税理士 小野 知史(Tomofumi Ono)

ホームページ http://www.tprofessional.jp
e-mail: info@tprofessional.jp
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


コメント(0) 
共通テーマ:スポーツ